劇場霊からの招待状劇場霊からの招待状

企画:秋元康 監督:中田秀夫、佐藤太、佐々木浩久、三宅隆太、木ノ本豪 脚本:加藤淳也、三宅隆太 ナビゲーター :小市慢太郎

TBS 次回放送予定

第10話『永 遠』12月4日(金)27:07~

※放送時間は変更になる可能性がございます。

MBS 次回放送予定

第10話『永 遠』12月20日(日)27:15~

※放送時間は変更になる可能性がございます。

話『埋葬
主演 横山 由依

  • 第一話「埋葬」画像1
  • 第一話「埋葬」画像2
  • 第一話「埋葬」画像3
  • 第一話「埋葬」画像4
楽しいゼミの飲み会。はしゃぎすぎた大学生の香坂里緒(横山由依)は終電を逃し、同じゼミに所属しているにも関わらず話した事のなかった同級生・間宮祥子(島ゆいか)の家に泊まる事になる。祥子の家は大きな一軒家だったが、家族は全員留守だと言う。ほっとして各部屋を見て回る里緒だったが、地下室に続くドアを開けようすると、祥子がとっさにその前に立ちはだかった。不審に思いながらもくつろぐ里緒。しかし、祥子がシャワーを浴びている間に、地下室の方からする物音に気づいてしまう。好奇心に勝てなかった里緒が地下室に足を踏み入れると、真っ暗な室内には「捜し人」の大量のビラが貼られていた。そしてその奥には、両手を後ろ手に縛られ、ぐったりとした女・沖田悠美(飛鳥凛)の姿が・・・
  • <キャスト>
    香坂里緒:横山由依
    間宮祥子:島ゆいか
    沖田悠美:飛鳥凛
    錦野豪太:小市慢太郎
  • <スタッフ>
    監督:中田秀夫
    エグゼクティブプロデューサー:田中正、阿比留一彦
    プロデューサー:西尾沙織、山本章、在原遥子
    音楽:川井憲次
    制作プロダクション:日活、ジャンゴフィルム
    制作:電通
    製作:「劇場霊」製作委員会

楽しいゼミの飲み会。はしゃぎすぎた大学生の香坂里緒(横山由依)は終電を逃し、同じゼミに所属しているにも関わらず話した事のなかった同級生・間宮祥子(島ゆいか)の家に泊まる事になる。祥子の家は大きな一軒家だったが、家族は全員留守だと言う。ほっとして各部屋を見て回る里緒だったが、地下室に続くドアを開けようすると、祥子がとっさにその前に立ちはだかった。不審に思いながらもくつろぐ里緒。しかし、祥子がシャワーを浴びている間に、地下室の方からする物音に気づいてしまう。好奇心に勝てなかった里緒が地下室に足を踏み入れると、真っ暗な室内には「捜し人」の大量のビラが貼られていた。そしてその奥には、両手を後ろ手に縛られ、ぐったりとした女・沖田悠美(飛鳥凛)の姿が・・・

放送日・配信予定

TBS
10月16日(金)27:22~

MBS
10月18日(日)26:20~

amazonビデオ
Amazonプライム・ビデオにて順次配信中

話『死期
主演 岡田 奈々

  • 第二話「死期」画像1
  • 第二話「死期」画像2
  • 第二話「死期」画像3
  • 第二話「死期」画像4
入院中の女子高生、檜山花音(岡田奈々)の趣味はブログ。携帯電話のカメラで院内で起きた出来事を撮影しては、自分のブログにアップしていた。母親は仕事で忙しいため寂さはあるものの、他の入院患者達、特に心臓病の少年・大輝(酒井亮和)とは写真を通じて仲良くなり、それなりに楽しい生活を送っていた。ある日、同室の入金患者の家族が見舞いに来ていたため、花音は記念に写真を撮る事を提案。いざ写真を撮ろうと携帯の画面を覗き込むと、家族の後ろに「見ず知らずの男」が映っていた。驚き、画面から目を放してしまった花音だったが、再び画面を覗くと男は消えている。不審がりながらも何事もなかったかのように写真を撮り終えた。しかしその翌日、その患者は死亡。花音は、昨日の「男」が何かの予兆だったのではないかと思案し・・・
  • <キャスト>
    檜山花音:岡田奈々
    内村大輝:酒井亮和
    謎の男:橋本まつり
    錦野豪太:小市慢太郎
  • <スタッフ>
    監督:佐藤太
    エグゼクティブプロデューサー:田中正、阿比留一彦
    プロデューサー:西尾沙織、山本章、在原遥子
    音楽:川井憲次
    制作プロダクション:日活、ジャンゴフィルム
    制作:電通
    製作:「劇場霊」製作委員会

入院中の女子高生、檜山花音(岡田奈々)の趣味はブログ。携帯電話のカメラで院内で起きた出来事を撮影しては、自分のブログにアップしていた。母親は仕事で忙しいため寂さはあるものの、他の入院患者達、特に心臓病の少年・大輝(酒井亮和)とは写真を通じて仲良くなり、それなりに楽しい生活を送っていた。ある日、同室の入金患者の家族が見舞いに来ていたため、花音は記念に写真を撮る事を提案。いざ写真を撮ろうと携帯の画面を覗き込むと、家族の後ろに「見ず知らずの男」が映っていた。驚き、画面から目を放してしまった花音だったが、再び画面を覗くと男は消えている。不審がりながらも何事もなかったかのように写真を撮り終えた。しかしその翌日、その患者は死亡。花音は、昨日の「男」が何かの予兆だったのではないかと思案し・・・

放送日・配信予定

TBS
10月19日(月)26:53~
MBS
10月25日(日)25 : 35~
amazonビデオ
Amazonプライム・ビデオにて順次配信中

話『偶像
主演 入山 杏奈

  • 第三話「偶像」画像1
  • 第三話「偶像」画像2
  • 第三話「偶像」画像3
  • 第三話「偶像」画像4
女子高生の新堀可奈(入山杏奈)は、ある日の帰宅途中、中学時代の親友・橘真里(森田望智)の父親(久松信美)に呼び止められる。
父親によると、真里はここ最近学校も休み、部屋にこもったまま出てこないという。そのため、真里と話して、元気づけてほしいと頼みに来たのだった。押しに弱い可奈は断り切れず、真里の家を訪ねる事になってしまう。

久しぶりに会った真里は薄暗い部屋の中で佇み、可奈が話しかけても無反応のまま。しかし16時になった途端、パソコンにかぶりつき何かを入力し始めた。パソコンを覗くと、それは数年前に自殺した歌手、岬和也のブログだった。彼の死後も閉鎖されずに残るブログに、まるで彼が生きているかのようにコメントを書き込む真里。その常軌を逸した様子に気味悪さを感じる可奈だったが、そのブログには真里だけでなく、毎日何百というコメントが書き込まれているのだった。
書き込みを続けるファン達とネット上で楽しそうにコミュニケーションを取る真里に、何も言う事ができない可奈。そしてついに、二人はファンの中でも選ばれた人間しか参加出来ないという「供養の会」に誘われる・・・
  • <キャスト>
    新堀可奈:入山杏奈
    橘真里:森田望智
    橘雄一:久松信美
    仁科亜由美:星名利華
    錦野豪太:小市慢太郎
  • <スタッフ>
    監督:佐藤太
    エグゼクティブプロデューサー:田中正、阿比留一彦
    プロデューサー:西尾沙織、山本章、在原遥子
    音楽:川井憲次
    制作プロダクション:日活、ジャンゴフィルム
    制作:電通
    製作:「劇場霊」製作委員会

女子高生の新堀可奈(入山杏奈)は、ある日の帰宅途中、中学時代の親友・橘真里(森田望智)の父親(久松信美)に呼び止められる。
父親によると、真里はここ最近学校も休み、部屋にこもったまま出てこないという。そのため、真里と話して、元気づけてほしいと頼みに来たのだった。押しに弱い可奈は断り切れず、真里の家を訪ねる事になってしまう。

久しぶりに会った真里は薄暗い部屋の中で佇み、可奈が話しかけても無反応のまま。しかし16時になった途端、パソコンにかぶりつき何かを入力し始めた。パソコンを覗くと、それは数年前に自殺した歌手、岬和也のブログだった。彼の死後も閉鎖されずに残るブログに、まるで彼が生きているかのようにコメントを書き込む真里。その常軌を逸した様子に気味悪さを感じる可奈だったが、そのブログには真里だけでなく、毎日何百というコメントが書き込まれているのだった。
書き込みを続けるファン達とネット上で楽しそうにコミュニケーションを取る真里に、何も言う事ができない可奈。そしてついに、二人はファンの中でも選ばれた人間しか参加出来ないという「供養の会」に誘われる・・・

放送日・配信予定

TBS
10月23日(金)27:07~
MBS
10月25日(日)26:05~
amazonビデオ
Amazonプライム・ビデオにて順次配信中

話『腐敗
主演 加藤 玲奈

  • 第四話「腐敗」画像1
  • 第四話「腐敗」画像2
  • 第四話「腐敗」画像3
  • 第四話「腐敗」画像4
女子高生の矢代涼香(加藤玲奈)は、校内のヒエラルキーではトップに君臨し、読者モデルもしている皆の憧れの存在。意中のモデル仲間、堀内康介(町井祥真)にも誘われ、絶好調の日々を送っている。しかし、そんな彼女には唯一の不安があった。それは、同級生の葉山奈津美(前田聖来)の存在。地味でいじめられている、いわば校内ヒエラルキーの最下層にいる奈津美だが、実は涼香の幼馴染みなのだ。本人はいじめも全く意に介さず、涼香にも以前と同じように話しかけて来るが、涼香はその存在が自分の地位を脅かすのではないかと気が気でない。 ある日も帰宅途中に奈津美に声をかけられる涼香。相変わらず空気の読めない発言を連発し、「私たち、似た者同士だよね?」と昔の話を持ち出す奈津美に我慢ならなくなった涼香は、絡み付く奈津美の手をつい振り払い、歩道橋から突き落としてしまう。頭から血を流し、息絶える奈津美。怖くなった涼香は奈津美を置いて逃げ帰る。

しかし翌朝、緊張しながら登校した涼香の前に、奈津美が何事もなかったかのように現れる・・・
  • <キャスト>
    矢代涼香:加藤玲奈
    葉山奈津美:前田聖来
    堀内康介:町井祥真
    錦野豪太:小市慢太郎
  • <スタッフ>
    監督:佐藤太
    エグゼクティブプロデューサー:田中正、阿比留一彦
    プロデューサー:西尾沙織、山本章、在原遥子
    音楽:川井憲次
    制作プロダクション:日活、ジャンゴフィルム
    制作:電通
    製作:「劇場霊」製作委員会

女子高生の矢代涼香(加藤玲奈)は、校内のヒエラルキーではトップに君臨し、読者モデルもしている皆の憧れの存在。意中のモデル仲間、堀内康介(町井祥真)にも誘われ、絶好調の日々を送っている。しかし、そんな彼女には唯一の不安があった。それは、同級生の葉山奈津美(前田聖来)の存在。地味でいじめられている、いわば校内ヒエラルキーの最下層にいる奈津美だが、実は涼香の幼馴染みなのだ。本人はいじめも全く意に介さず、涼香にも以前と同じように話しかけて来るが、涼香はその存在が自分の地位を脅かすのではないかと気が気でない。 ある日も帰宅途中に奈津美に声をかけられる涼香。相変わらず空気の読めない発言を連発し、「私たち、似た者同士だよね?」と昔の話を持ち出す奈津美に我慢ならなくなった涼香は、絡み付く奈津美の手をつい振り払い、歩道橋から突き落としてしまう。頭から血を流し、息絶える奈津美。怖くなった涼香は奈津美を置いて逃げ帰る。 しかし翌朝、緊張しながら登校した涼香の前に、奈津美が何事もなかったかのように現れる・・・

放送日・配信予定

TBS
10月26日(月)26:55~
MBS
11月1日(日)27:28~
amazonビデオ
Amazonプライム・ビデオにて順次配信中

話『因果
主演 古畑 奈和

  • 第五話「因果」画像1
  • 第五話「因果」画像2
  • 第五話「因果」画像3
  • 第五話「因果」画像4
校内のカウンセリングルームに相談に訪れる一人の女子高生。 彼女は何かに怯え、憔悴し切っている様子だ。カウンセラー(椎名香織)は彼女に 「何があったか、詳しく話してくれない?」と問いかける・・・ 女子高生・石塚春香(古畑奈和)は、いつものように友人と帰宅していると店の前で盗撮犯(宇野祥平)が取り押さえられている現場に遭遇する。 「俺じゃない!」と叫び、無様な格好で地面に押さえつけられている男の様子がおかしく、思わず携帯で写真を撮る春香。 その日の夜、何気なく携帯を見ていた春香は、写真とともに「盗撮犯捕まるwww 」とコメントを投稿。繋がっている友人達からは「お手柄だね!」「春香は大丈夫だった?」というコメントが届く。 友人の反応に満足して眠る春香。しかし翌朝登校すると、SNSで繋がっていない友人からも「見たよ、写真」「すごいねー」などと声をかけられる。どうやら春香の写真を友人の誰かが拡散し、それを元にまとめサイトが立ち上げられたようだ。写真を撮った女子高生(春香)を英雄扱いするサイトの人々。春香も悪い気はしていなかったが・・・
  • <キャスト>
    石塚春香:古畑奈和
    間宮倫子:椎名香織
    野尻太郎:宇野祥平
    錦野豪太:小市慢太郎
  • <スタッフ>
    監督:佐々木浩久
    エグゼクティブプロデューサー:田中正、阿比留一彦
    プロデューサー:西尾沙織、山本章、在原遥子
    音楽:川井憲次
    制作プロダクション:日活、ジャンゴフィルム
    制作:電通
    製作:「劇場霊」製作委員会

校内のカウンセリングルームに相談に訪れる一人の女子高生。 彼女は何かに怯え、憔悴し切っている様子だ。カウンセラー(椎名香織)は彼女に 「何があったか、詳しく話してくれない?」と問いかける・・・ 女子高生・石塚春香(古畑奈和)は、いつものように友人と帰宅していると店の前で盗撮犯(宇野祥平)が取り押さえられている現場に遭遇する。 「俺じゃない!」と叫び、無様な格好で地面に押さえつけられている男の様子がおかしく、思わず携帯で写真を撮る春香。 その日の夜、何気なく携帯を見ていた春香は、写真とともに「盗撮犯捕まるwww 」とコメントを投稿。繋がっている友人達からは「お手柄だね!」「春香は大丈夫だった?」というコメントが届く。 友人の反応に満足して眠る春香。しかし翌朝登校すると、SNSで繋がっていない友人からも「見たよ、写真」「すごいねー」などと声をかけられる。どうやら春香の写真を友人の誰かが拡散し、それを元にまとめサイトが立ち上げられたようだ。写真を撮った女子高生(春香)を英雄扱いするサイトの人々。春香も悪い気はしていなかったが・・・

放送日・配信予定

TBS
10月30日(金)27:09~
MBS
11月8日(日)26:20~
amazonビデオ
Amazonプライム・ビデオにて順次配信中

話『廃墟
主演中野 郁海・小栗 有以

  • 第六話「廃墟」画像1
  • 第六話「廃墟」画像2
  • 第六話「廃墟」画像3
  • 第六話「廃墟」画像4
中学生の三ノ宮忍(中野郁海)と岸本舞(小栗有以)はいとこ同士。舞の両親とBBQに出かけたのだが、帰り道に車がエンストしてしまう。 山の中で携帯の電波もなく、電話を借りるために民家を探すことに。 しばらく歩いて見つけたのは、何かの施設。古びてはいるが、電気も通っており人の気配もするため、4人は手分けして電話を探すことになる。 忍と舞は二人で建物の中を歩き回り、薬品庫のような部屋を見つける。 探検をしているようで状況を楽しんでいた2人だったが、部屋の中で古びた包帯を発見。忍は「廃墟に置き去りにされた包帯女」の都市伝説を思いだし、舞を怖がらせるために話して聞かせる。 忍の話によれば、包帯女は、元は普通の少女だったという。しかし、母親に廃墟に置き去りにされ、誰とも話をせず、鏡に映る自分とだけ、話をし続けていたせいで徐々に顔が歪み、すさまじい形相に。そのため、顔に包帯を巻いて、ひっそりと廃墟で人々を待ち構えているという。怖がる舞に、「半分は作り話だから」と笑う忍。 一方、いつまで経っても戻ってこない二人を心配した舞の両親は、部屋を一つ一つ見て回ることに。廃棄された机や椅子が並ぶ部屋を覗いていくと、ある部屋の真ん中には布をかぶせられた姿見があり・・・
  • <キャスト>
    三ノ宮忍:中野郁海
    岸本舞:小栗有以
    岸本祐美:八木さおり
    岸本俊介:吉家章人
    錦野豪太:小市慢太郎
  • <スタッフ>
    監督:三宅隆太
    エグゼクティブプロデューサー:田中正、阿比留一彦
    プロデューサー:西尾沙織、山本章、在原遥子
    音楽:川井憲次
    制作プロダクション:日活、ジャンゴフィルム
    制作:電通
    製作:「劇場霊」製作委員会

中学生の三ノ宮忍(中野郁海)と岸本舞(小栗有以)はいとこ同士。舞の両親とBBQに出かけたのだが、帰り道に車がエンストしてしまう。 山の中で携帯の電波もなく、電話を借りるために民家を探すことに。 しばらく歩いて見つけたのは、何かの施設。古びてはいるが、電気も通っており人の気配もするため、4人は手分けして電話を探すことになる。 忍と舞は二人で建物の中を歩き回り、薬品庫のような部屋を見つける。 探検をしているようで状況を楽しんでいた2人だったが、部屋の中で古びた包帯を発見。忍は「廃墟に置き去りにされた包帯女」の都市伝説を思いだし、舞を怖がらせるために話して聞かせる。 忍の話によれば、包帯女は、元は普通の少女だったという。しかし、母親に廃墟に置き去りにされ、誰とも話をせず、鏡に映る自分とだけ、話をし続けていたせいで徐々に顔が歪み、すさまじい形相に。そのため、顔に包帯を巻いて、ひっそりと廃墟で人々を待ち構えているという。怖がる舞に、「半分は作り話だから」と笑う忍。 一方、いつまで経っても戻ってこない二人を心配した舞の両親は、部屋を一つ一つ見て回ることに。廃棄された机や椅子が並ぶ部屋を覗いていくと、ある部屋の真ん中には布をかぶせられた姿見があり・・・

放送日・配信予定

TBS
11月6日(金)27:09~
MBS
11月8日(日)26:50~
amazonビデオ
Amazonプライム・ビデオにて順次配信中

話『幻聴主演 北原 里英

  • 第七話「幻聴」画像1
  • 第七話「幻聴」画像2
  • 第七話「幻聴」画像3
  • 第七話「幻聴」画像4
デビューしたばかりのアイドル、宇佐美アヤ(北原里英)は、深夜ラジオの生放送に出演することに。緊張しながらも、ベテランDJの八木沼聡(岡村洋一)にリードされ、何とか番組をスタートさせる。
しかし番組序盤から、不可解な出来事が。
番組のオープニングから、アヤの耳にはヘッドホン越しに何かの衝撃音が聞こえてきた。しかし、八木沼にもスタッフにも聞こえていないようだ。不審に思いながらも番組を続けるアヤ。
しかし、次のコーナーでも不審な出来事が。リスナーとの生電話のコーナーでは16歳の匿名希望の少女に電話が繋がる。相手はブツブツと何か呟いているが、音声が途切れ、何を言っているかは全く聞き取れない。番組スタッフが対応に慌てる中、アヤの耳には聞き覚えのある声で、ある言葉がはっきりと聞こえていた。
混乱したアヤはマネージャーに帰りたいと訴えるも、「仕事に穴をあけたら、『次』はない」と一蹴されてしまう。

仕方なく現場に戻ったアヤ。すると、「アヤに会いたい」という人物が受付に来ていると電話が入る。マネージャーが代わりに受付に向かうと・・・
  • <キャスト>
    宇佐美アヤ:北原里英
    八木沼聡:岡村洋一
    佐倉ユリ:仁村紗和
    錦野豪太:小市慢太郎
  • <スタッフ>
    監督:佐々木浩久
    エグゼクティブプロデューサー:田中正、阿比留一彦
    プロデューサー:西尾沙織、山本章、在原遥子
    音楽:川井憲次
    制作プロダクション:日活、ジャンゴフィルム
    制作:電通
    製作:「劇場霊」製作委員会

デビューしたばかりのアイドル、宇佐美アヤ(北原里英)は、深夜ラジオの生放送に出演することに。緊張しながらも、ベテランDJの八木沼聡(岡村洋一)にリードされ、何とか番組をスタートさせる。
しかし番組序盤から、不可解な出来事が。
番組のオープニングから、アヤの耳にはヘッドホン越しに何かの衝撃音が聞こえてきた。しかし、八木沼にもスタッフにも聞こえていないようだ。不審に思いながらも番組を続けるアヤ。
しかし、次のコーナーでも不審な出来事が。リスナーとの生電話のコーナーでは16歳の匿名希望の少女に電話が繋がる。相手はブツブツと何か呟いているが、音声が途切れ、何を言っているかは全く聞き取れない。番組スタッフが対応に慌てる中、アヤの耳には聞き覚えのある声で、ある言葉がはっきりと聞こえていた。
混乱したアヤはマネージャーに帰りたいと訴えるも、「仕事に穴をあけたら、『次』はない」と一蹴されてしまう。

仕方なく現場に戻ったアヤ。すると、「アヤに会いたい」という人物が受付に来ていると電話が入る。マネージャーが代わりに受付に向かうと・・・

放送日・配信予定

TBS
11月14日(土)27:23~
MBS
12月6日(日)25:20~
amazonビデオ
Amazonプライム・ビデオにて順次配信中

話『回帰主演 向井地 美音

  • 第八話「回帰」画像1
  • 第八話「回帰」画像2
  • 第八話「回帰」画像3
  • 第八話「回帰」画像4
何もない部屋で目を覚ました女子高生・和泉繭(向井地美音)。
そこは何かの施設のようだが、その光景に見覚えはなく、自分がなぜここにいるかもわからない。そして、何か大切なことを忘れているようだが、それも思い出すことができなかった。
記憶が戻らないまま施設の中をふらふらと歩きまわっていると、突如爆発音とともにサイレンが聞こえ始める。すると、慌てる繭の脳裏に一緒にいたはずの妹・さくら(大庭愛未)の存在が蘇ってきた。さくらを探し、施設中を探す繭。やっとさくらを見つけ出し外に出ようとするが、いつの間にか二人は無数の黒い人影に取り囲まれていた。もはやこれまで・・・と思った瞬間。

ふと気づくと、先ほどと同じ部屋で目覚めた繭。
何が起きているか分からないが、慌ててさくらと合流し、先ほどとは違うルートで脱出を試みる。しかし、外に通じる扉は空かず、再び黒い人影に取り囲まれてしまう。

そしてまた、同じ部屋で目覚める繭。いったい何が起きているのか、ここはどこなのか。何度試してもさくらを救うことができず、繭は・・・
  • <キャスト>
    和泉繭:向井地美音
    杖をついた少女:森田想
    和泉さくら:大庭愛未
    柏木純一郎:水澤紳吾
    錦野豪太:小市慢太郎
  • <スタッフ>
    監督:三宅隆太
    エグゼクティブプロデューサー:田中正、阿比留一彦
    プロデューサー:西尾沙織、山本章、在原遥子
    音楽:川井憲次
    制作プロダクション:日活、ジャンゴフィルム
    制作:電通
    製作:「劇場霊」製作委員会

何もない部屋で目を覚ました女子高生・和泉繭(向井地美音)。
そこは何かの施設のようだが、その光景に見覚えはなく、自分がなぜここにいるかもわからない。そして、何か大切なことを忘れているようだが、それも思い出すことができなかった。
記憶が戻らないまま施設の中をふらふらと歩きまわっていると、突如爆発音とともにサイレンが聞こえ始める。すると、慌てる繭の脳裏に一緒にいたはずの妹・さくら(大庭愛未)の存在が蘇ってきた。さくらを探し、施設中を探す繭。やっとさくらを見つけ出し外に出ようとするが、いつの間にか二人は無数の黒い人影に取り囲まれていた。もはやこれまで・・・と思った瞬間。

ふと気づくと、先ほどと同じ部屋で目覚めた繭。
何が起きているか分からないが、慌ててさくらと合流し、先ほどとは違うルートで脱出を試みる。しかし、外に通じる扉は空かず、再び黒い人影に取り囲まれてしまう。

そしてまた、同じ部屋で目覚める繭。いったい何が起きているのか、ここはどこなのか。何度試してもさくらを救うことができず、繭は・・・

放送日・配信予定

TBS
11月18日(水)27:32~
MBS
12月6日(日)25:50~
amazonビデオ
Amazonプライム・ビデオにて順次配信中

話『憧憬主演 高橋 朱里

  • 第九話「憧憬」画像1
  • 第九話「憧憬」画像2
  • 第九話「憧憬」画像3
  • 第九話「憧憬」画像4
初主演の舞台を一か月後に控える若手女優の悠木奈央(高橋朱里)は、ある日の深夜、舞台を上演する予定の劇場を訪れる。「自分が立つことになる舞台を見せてあげたい」と考えた奈央の所属する芸能事務所の社長・林亜紀子(渡辺真起子)が、知り合いの警備員・富樫亘(芦川誠)に頼んだのだった。
舞台の大きさに足がすくむ奈央だったが、亜紀子に自信を持つよう諭され、演目の一部を演じてみせる。不慮の事故によって、女優になることを諦めた亜紀子にとっても、娘のような存在の奈央がトップ女優へと羽ばたくこの舞台は念願だったのだ。満席のホールを思い描き、恍惚とする二人。

しかし二人がステージを降りると、不可解な出来事が起こり始める。ホールを出て休憩する奈緒の耳には、複数の女性のささやき声が聞こえ、意識が薄れてしまう。
危いところで亜紀子に助けられた奈央だったが、今後は亜紀子の耳に女性の声が。すると亜紀子の目つきが変わり、突如奈緒に襲い掛かってきたのだ!
亜紀子達以外には誰もいないはずなのに、場内に女性の笑い声が響きわたる。
恐怖におびえる奈央だったが、警備員の富樫だけは冷静に二人を見つめていた。
  • <キャスト>
    悠木奈央:高橋朱里
    林亜紀子:渡辺真起子
    富樫亘:芦川誠
    錦野豪太:小市慢太郎
  • <スタッフ>
    監督:木ノ本豪
    エグゼクティブプロデューサー:田中正、阿比留一彦
    プロデューサー:西尾沙織、山本章、在原遥子
    音楽:川井憲次
    制作プロダクション:日活、ジャンゴフィルム
    制作:電通
    製作:「劇場霊」製作委員会

初主演の舞台を一か月後に控える若手女優の悠木奈央(高橋朱里)は、ある日の深夜、舞台を上演する予定の劇場を訪れる。「自分が立つことになる舞台を見せてあげたい」と考えた奈央の所属する芸能事務所の社長・林亜紀子(渡辺真起子)が、知り合いの警備員・富樫亘(芦川誠)に頼んだのだった。
舞台の大きさに足がすくむ奈央だったが、亜紀子に自信を持つよう諭され、演目の一部を演じてみせる。不慮の事故によって、女優になることを諦めた亜紀子にとっても、娘のような存在の奈央がトップ女優へと羽ばたくこの舞台は念願だったのだ。満席のホールを思い描き、恍惚とする二人。

しかし二人がステージを降りると、不可解な出来事が起こり始める。ホールを出て休憩する奈緒の耳には、複数の女性のささやき声が聞こえ、意識が薄れてしまう。
危いところで亜紀子に助けられた奈央だったが、今後は亜紀子の耳に女性の声が。すると亜紀子の目つきが変わり、突如奈緒に襲い掛かってきたのだ!
亜紀子達以外には誰もいないはずなのに、場内に女性の笑い声が響きわたる。
恐怖におびえる奈央だったが、警備員の富樫だけは冷静に二人を見つめていた。

放送日・配信予定

TBS
11月27日(金)27:07~
MBS
12月13日(日)25:35~
amazonビデオ
Amazonプライム・ビデオにて順次配信中

10話『永遠主演 木﨑 ゆりあ

  • 第十話「永遠」画像1
  • 第十話「永遠」画像2
  • 第十話「永遠」画像3
  • 第十話「永遠」画像4
ホームヘルパーの秋山由梨(木﨑ゆりあ)は、新しく担当することになった家を訪れる。その家には、年老いて家事がままならなくなったハツ(大方斐紗子)と、幼い男の子・翔太(高村佳偉人)が二人で暮らしていた。
いつも明るく、てきぱきと家事をこなす由梨はすぐに二人に気に入られ、翔太には初日から「泊まっていってほしい」とあまえられるほどだった。自分を受け入れてくれる二人に温かさを感じ、帰宅する由梨。
一方、同棲中の彼氏・和也(落合モトキ)はゲームに夢中で由梨には冷たく、和也に嫉妬してほしい由梨が「翔太君に泊まっていけって言われちゃった」と言っても、まったく気にしていない様子。挙句の果てには汗をかいたままで触るなと怒られてしまう。
翌日、なんのためらいもなく抱きついてくる翔太に癒される由梨。
家事を一通り終え、翔太の話し相手になってやる由梨。翔太によれば、父親はずっと前になくなったという。由梨が母親について尋ねると、翔太は無言で由梨のことを指さすのだった。
不思議に思いながらも、翔太とハツとの会話を楽しむ由梨。しかし突然強い眠気に襲われ、ハツの家で眠りこんでしまう・・・
  • <キャスト>
    秋山由梨:木﨑ゆりあ
    朝倉翔太:高村佳偉人
    朝倉ハツ:大方斐紗子
    真鍋和也:落合モトキ
    錦野豪太:小市慢太郎
  • <スタッフ>
    監督:中田秀夫
    エグゼクティブプロデューサー:田中正、阿比留一彦
    プロデューサー:西尾沙織、山本章、在原遥子
    音楽:川井憲次
    制作プロダクション:日活、ジャンゴフィルム
    制作:電通
    製作:「劇場霊」製作委員会

ホームヘルパーの秋山由梨(木﨑ゆりあ)は、新しく担当することになった家を訪れる。その家には、年老いて家事がままならなくなったハツ(大方斐紗子)と、幼い男の子・翔太(高村佳偉人)が二人で暮らしていた。
いつも明るく、てきぱきと家事をこなす由梨はすぐに二人に気に入られ、翔太には初日から「泊まっていってほしい」とあまえられるほどだった。自分を受け入れてくれる二人に温かさを感じ、帰宅する由梨。
一方、同棲中の彼氏・和也(落合モトキ)はゲームに夢中で由梨には冷たく、和也に嫉妬してほしい由梨が「翔太君に泊まっていけって言われちゃった」と言っても、まったく気にしていない様子。挙句の果てには汗をかいたままで触るなと怒られてしまう。
翌日、なんのためらいもなく抱きついてくる翔太に癒される由梨。
家事を一通り終え、翔太の話し相手になってやる由梨。翔太によれば、父親はずっと前になくなったという。由梨が母親について尋ねると、翔太は無言で由梨のことを指さすのだった。
不思議に思いながらも、翔太とハツとの会話を楽しむ由梨。しかし突然強い眠気に襲われ、ハツの家で眠りこんでしまう・・・

放送日・配信予定

TBS
12月4日(金)27:07~
MBS
12月20日(日)27:15~
amazonビデオ
Amazonプライム・ビデオにて順次配信中